<< 衆議院選挙は何日? | main | 街頭演説会 >>

スポンサーサイト

  • 2009.06.29 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


人の心に浸みる言葉とは

今日はこの秋一番の冷え込みでした、私の地元では初雪が降ったようです。
この11月4日米国ではオバマが大差で次の大統領に決定しました、米国史上最初の黒人大統領です、米国が人種差別を乗り越え、新たな国創りに突入した瞬間でした。
オバマの「チェンジ」の路線は未知数であり、具体的政策・行動がどうなるかは今後を見ていく必要がありますが米国民の「チェンジ」への思いは、強かった人種の壁さえ乗り越えたことは事実であります。
オバマの存在が国民に知られたのは、一つの演説でした、そうです4年前民主党全国大会での演説です、最初オバマの紹介があった時は「オバマて誰?」聴衆は全く興味を示さず私語でざわついており、演説の声が聞き取れない位だったそうです、だがオバマが登壇、演説を始めると聴衆の私語は波が引くように無くなり、オバマの一言一言にたちまち吸い込まれていったとのことです。
今回の大統領戦でもオバマの言葉は聴衆の心に届き、ヒラリー氏、マケイン氏を退け勝利をつかみました。
人の心に浸み、心をとらえる言葉とはどういうものなのだろうか、同じ話でも砂をかむものもあれば、胸に迫り人の心を魂を揺さぶるものもあります。
それは、理論や知識が豊かであることは当然でありますが、それだけでは説明できない、その人の人格、人となりではと思う。
その時代を知り抜き、その一歩先を見つめ、謙虚で愚直なまで立ち向かう考えや行動がその人を育て、人々に共感を与え、心を揺り動かす言葉となって自然に湧き出てくるのだと思います、私も、時代を見つめ、国、地方の将来のあり方を見つめ言葉と行動が表裏一体になるよう精進します。

スポンサーサイト

  • 2009.06.29 Monday
  • -
  • 13:43
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
sponsored links
selected entries
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM