<< 国政報告会in内灘、能登ロイヤルを終えて | main | 町村派総会で司会を >>

スポンサーサイト

  • 2009.06.29 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


民主党代表小沢一郎の正体

昨日の在日米軍再編に対する小沢発言「極東の安全は米軍は第7艦隊のみで十分保たれる」、本当にそうであろうか、現在陸空海で約30,000人の米軍が在日しています、内海兵隊3,000人余である、我が国と国境を接している、国には北朝鮮が原発を持ち様子をうかがっている、中国とは尖閣諸島で、韓国とは竹島で、ロシアとは北方4島で領土争い中であり、アルカイダ等国際テロに対する備えなども重要である、今日まで米国の在日米軍及び核による抑止力が我が国の安全保障に大きな役割を果たしてきたことは与論をまちません、在日米軍の撤退により我が国の軍備の増強、核保有が真実みを帯びることになります、小沢民主党はこのことを容認するのか、自民党時代での小沢一郎民主党代表のタカ派的発言、最近の一連の発言行動はいよいよ本性を現してきたかとの思いである、先日のヒラリー・クリントンとの会談を嫌々に行い、次期総理を標榜する立場に有りながら、経済危機に対する対応や国際協力など世界的課題についてふれませんでした、どうしてなのか、理解に苦しみます、こんな人に日本を任せて良いのか....

スポンサーサイト

  • 2009.06.29 Monday
  • -
  • 13:40
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
sponsored links
selected entries
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM